メッセージ紹介(続き)

今回のアピールは11月に発表したものと同趣旨ですが、あらためてアピールを出したのは、①首長提案の条例案は、維新の会が提案した条例案と本質的に変わらないこと、②市職員への思想調査に示される思想信条の自由を認めず、市長への服従をもとめる人物による教育への介入、支配を許してはならない、③橋下氏は、国政への進出を公言しており、全国の課題であると考えたからです。
メッセージ紹介は、よびかけ人の佐藤学(大阪の記者会見へのメッセージ)、藤田英典、小野田正利さんです。
佐藤学(東京大学教授、日本学術会議会員
 「教育条例」は、何よりも教育行政への政治権力の介入を条例化し、教育の中立性を侵害し、知事の判断による教育委員の罷免や「職務命令違反」によって教師の免職までも規定しています。これらは、すべて憲法、教育基本法、学校教育法、地方教育行政法、地方公務員法に違反しており、その違法性は、文部科学省も言明し、最高裁判所の判決によっても明確化されています。子どもの未来と日本社会の将来を決定する教育の場で、このような違法性の顕著な条例が適用されれば、学校教育は恐怖政治の餌食となり、権力者の思い通りになる無法地帯へと変わってしまうでしょう。「教育条例」のような教育の悪法は、戦前の軍国主義教育においても、あるいは、どの全体主義国家の教育においても他に例を見ません。
 しかも、もはや「教育条例」に象徴される教育改悪は、大阪だけではなく東京、名古屋にも拡大し、さらには憲法改正をうたう右翼勢力の政治的野合にまで発展しようとしています。
 教育を政治に利用する「教育条例」は、子どもと教師を苦しめ、教育現場を混乱に陥れ、何一つ教育の改善を生み出さないばかりか、ますます教育の創造的な精神を破壊し、教育に最も必要な民主主義と信頼の関係を崩壊させるだけです。私たちは、この愚かな条例の成立を決して許してはならないと思います。大阪の市民も府民も、そして大阪以外の地域に住む市民も決して愚かな民ではないことを示してゆきましょう。私たちは、この条例が大阪市議会においても大阪府議会においても廃案になるまで闘い続ける決意です。
藤田英典(共栄大学教授、日本教育学会会長)
 憲法、教育基本法、労働基準法、地方公務員法などの理念と諸規定に抵触する危険な条例案を「民意」と称してに成立させようとする橋下市長や大阪維 新の会の独善性・反動性とポピュリズムに立脚した強権的な政治・行政手法がまかり通っている現状は、多くの識者が指摘しているように、かつてワイ マール憲法という優れた民主主義的な憲法の下でナチスの台頭を招来し是認した当時のドイツの状況に似ており、日本の教育と民主主義、市民社会を真 正の危機にさらすものだと思います。20世紀前半の当時とは時代状況も政治的・社会的課題も異なりますから、戦争や恐怖政治に突き進むといった可 能性はないとは思いますが、市民社会の成熟や熟議民主主義が重要だと言われる時代に、その基盤を突き崩していく非常に危険なものだと思います。
そのような危険極まりない条例案の成立を容認するのかどうかという点でも、また、「民意」を僭称し大上段に振りかざす橋下市長・大阪維新の会の独 善的かつ強権的な政治・行政手法を黙認ないし支持すのかどうかという点でも、大阪市民・大阪府民の知性・良識と、大阪に留まらず、日本社会全体の 将来に対する責任が、いま鋭く問われているのだと思います。そして、その点では、マスコミの知性・良識・良心と責任も同様に問われているのだと思 います。
小野田正利(よびかけ人、大阪大学教授)
 社会全体の閉塞感に乗じて、劇薬を飲ませるような、今回の3条例案は、多くの災禍を生み出すことになると私は大きな危惧を抱いています。多くの教員志望者や公務員志望者が、大阪から心離れていきはじめました。最初から人として大事にされない制度の創設へと向かっているからです。取り返しのつかないことが起きる前に、目をさまして欲しいのです。3条例案の撤回を強く求めます。

by oosakakyouiku2011 | 2012-03-02 16:52
line

私たちは、「大阪維新の会」が大阪府議会に提案している教育基本条例案について、大阪にとどまらず日本社会全体にとって見過ごせない問題であると考え、このアピールを発表することにしました。


by oosakakyouiku2011
line